キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

履歴書

覚えておいて損はなし! 証明写真をきれいに撮るポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておいて損はなし! 証明写真をきれいに撮るポイント
「指名手配の写真みたい…」とガッカリしがちな証明写真。

インターンシップ応募書類に限らず、これからの就職活動やパスポート取得、各種免許取得などの際に、証明写真を撮る機会は多いもの。覚えておいて損はない、証明写真をきれいに撮るコツをご紹介します。

まずは機械をチェックし、姿勢を正す!

証明写真の機械の中には、何ヶ所かストロボがあります。できればストロボ位置を確認し、特に足下にストロボがあった場合は荷物などで隠してしまわないようにしましょう。また、正面の鏡が汚れているとそのまま映ってしまうので、ハンカチなどで拭いておきます。
 
そして椅子の高さを調節し、背筋を伸ばし姿勢を正します。アゴは引きすぎると自信がなく見えたり、媚びているようなイメージになりますし、上げすぎると偉そうに見えたりだらしなく映ります。誠実な印象になるよう、しっかりとした姿勢を保ちましょう。

証明写真は真正面から撮影するので、肩が傾いていると写真が仕上がった時に変に目立ちます。椅子に座って軽く肩を回すなどして、自然な位置になるように調整しましょう。
 
だいたいの機械はガラスの奥にレンズがあるので、ガラスそのものではなく奥のレンズを見るようにすると目線の合った写真になります。
 

さらにプラステクニック

機械の背景の色は、白やグレー、薄い水色などが多いものです。同化しないよう、黒や紺などの濃い色のスーツを着用しましょう。
 
女性の場合は特に、髪型やメイクも重要です。耳が出ていると清潔感があるので、サイドの髪は耳にかけましょう。また、肌の露出が多い方が、光が反射して健康的に見えるので、前髪はできるだけおでこを見せるようにし、ロングヘアの場合は髪を束ねたりアップにまとめて首まわりをスッキリ見せましょう。

証明写真用の機械は色がはっきりと出やすいので、メイクはナチュラルに抑えましょう。下まぶたに白やベージュなどの明るい色のシャドウをのせておくと、白目部分が美しく見えます。
 
また、ひざの上に白いハンカチや白紙を広げておくと、レフ版効果で顔が明るく映ります。ぜひ試してみてください。
 

華美になるよりも「明るさ」と「清潔感」

 
「証明写真」は、公的文書に使うことが多いもの。派手なメイクや奇抜な色のネクタイなどで目立つ必要はありません。必要なのは、何よりも「明るさ」と「清潔感」のアピールです。
口角をキュっと上げ、アゴを引きすぎたり上げすぎたりすることなく、背筋を伸ばして健康的なイメージで映るように心がけましょう。一度、家で練習していくと、想像以上にきれいな出来映えの写真に仕上がりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

営業って何するの?基本事項!
営業

営業って何するの?基本事項!

企画のインターンをしたい学生は知っておくべき、人を唸らせる企画書の書き方とは
企画/マーケティング

企画のインターンをしたい学生は知っておくべき、人を唸らせる企画書...

周りに差をつける!就活で持っていると便利なアイテム
持ち物、アイテム

周りに差をつける!就活で持っていると便利なアイテム

インターンシップとアルバイトの違いって?
インターンについて

インターンシップとアルバイトの違いって?

Webデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5つの方法
デザイナー

Webデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5...

周りに差をつける!1年生からのインターン
体験談

周りに差をつける!1年生からのインターン