キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

インターンシップとは?インターンの意味や種類、アルバイトとの違いなどを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンシップとは?インターンの意味や種類、アルバイトとの違いなどを解説 近年、大学をはじめ、企業でも積極的に取り入れられている「インターンシップ」。しかし、インターンシップのイメージは、「就職活動(あるいは採用活動)の一環」「意識の高い大学生がしている活動」など、人によって様々です。

このコラムでは、10年間インターンシップに関わってきたキャリアバイト編集部が、その制度の整理とメリット・デメリットをご紹介します。

【目次】
「インターンシップ」とは?

短期体験型インターンシップとは
短期体験型インターンシップのメリット
短期体験型インターンシップのデメリット

長期実践型インターンシップとは
長期実践型インターンシップのメリット
長期実践型インターンシップのデメリット
アルバイトと長期実践型インターンシップとの違い

さいごに

「インターンシップ」とは?

そもそもインターンシップとは、アメリカ発祥の「就職・転職のミスマッチをなくすための制度」です。日本では主に、「就業体験」と訳され、中学校・高校の総合学習や大学のプログラムの一環として、「将来のキャリアを考える学習経験のひとつ」と位置づけされています。

このような制度が注目されてきたのは、採用の現場である事象が問題視されているからです。それは「3年以内に3人に1人が離職してしまう」厚生労働省:新規学卒者の離職状況に関する資料一覧より)ということ。その原因として、「企業と学生とのミスマッチ」「仕事についての理解度が低い」などが挙げられます。

この問題を解決するための制度として、インターンシップは非常に注目を浴びています。インターンシップを通して、「仕事とは何か」「企業や社員の雰囲気はどうか」などを理解した上で、職業を選択できるからです。

文部科学省でもインターンシップ制度の推進を行っており、「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」をまとめています。その関係もあり、年々インターンシップを行う企業・学生は増えてきています。2016年新卒者は“約40%”がインターンシップを行ったというデータ(就職白書2016 -インターンシップ編-より)もあります。

そんなインターンシップは、大きく2つに分かれており、それらの性質も異なっています。

短期体験型インターンシップとは

「サマーインターンシップ」「ウィンターインターンシップ」など、大学生の多くが「インターンシップ」と聞いてイメージするのは、こちらの短期体験型インターンシップではないでしょうか? これは主に、3・4年生が就職活動の一環として行うもので、自分の志望あるいは興味のある会社で3日間〜1週間ほど「就業体験」をします。

短期体験型インターンシップのメリット

・会社のビジネスモデルや雰囲気を知ることができる。
・ビジネスコンテストやディスカッションなど、授業ではできない「体験」ができる。
・多くの企業で、短期のインターンシップを「体験」できる。

短期体験型インターンシップのデメリット

・期間が短く、実社会との接点が少ない。
・会社のビジネスモデルや雰囲気は分かるが、実情や実際に働く「経験」は分からない。
・体験はできるが、スキルは身につけづらい。

時間は取られませんが、あくまで採用活動の一環。会社の雰囲気を知れたり、学外での経験ができたり、就職活動生を対象とした内容が多いのが特徴です。

長期実践型インターンシップとは

一方で「キャリアバイト」をはじめ、多くのベンチャー企業で、長期実践型インターンシップが取り入れられています。これは主に、1〜3ヶ月より長い期間、企業で正社員同様の実務を「経験」ができます。

長期実践型インターンシップのメリット

・ほとんどの企業は「学年不問」で、学部1・2年生でも参加可能。
・「就労経験」ができるので、社会に出てからも役立つスキルが身につく。
・その企業や業界の実経験に基づいた、リアルな情報を手に入れられる。

長期実践型インターンシップのデメリット

・3か月以上など、実施期間が長く、学業と並行して行う必要がある。
・並行して、多くの企業で働くことが難しい。
・企業によって、高いスキルを求めるインターンもある。

時間は取られますが、実務経験やスキル、リアルな情報を手に入れることができ、将来のための有益な時間を過ごすことができます。

アルバイトと長期実践型インターンシップとの違い

大抵の場合、アルバイトの目的は「収入を得ること」にあります。一方で長期実践型インターンシップは、「自分を成長させること」「社会を知ること」「スキルを磨く・身につけること」など、目的が異なります。
そのため、アルバイトで時間を売って、お金だけをもらうより、長期実践型インターンシップでお金と実務経験(スキル)、情報を得る学生が増えています。

キャリアバイトでは、大学生の成長を支援するため、アルバイトのようにお金も稼ぎつつ、「長期実践型インターンシップ」を経験できる機会を用意しています。

さいごに

インターンシップは、大きく2つに分かれています。それらのメリットやデメリットを比較して、どのインターンシップに参加するべきか、検討してみてはいかがでしょうか?

また、「どこでインターンシップをしたらよいか分からない」「何を基準にインターンシップ先を決めてよいか分からない」など、インターンシップに関して悩みがある学生向けに、インターンシップ相談会を行っています。
相談はもちろん無料! 渋谷駅から徒歩7分と、学校帰りでも気軽に立ち寄ることができます!

お申し込みはこちらから
https://careerbaito.com/info/im
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

Webデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5つの方法
デザイナー

Webデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5...

インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけはおさえよう!
インターンについて

インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけは...

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。
企業、業界、職種分析

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。

インターンシップで辞退するときの正しい断り方/メール例文あり!
インターンについて

インターンシップで辞退するときの正しい断り方/メール例文あり!

広告業界に就職したい大学生がインターンシップをするべき理由。
営業

広告業界に就職したい大学生がインターンシップをするべき理由。

冬からインターンを始めよう! 今やっておけば来学期はスタートダッシュできる?
準備・心構え

冬からインターンを始めよう! 今やっておけば来学期はスタートダッ...