キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

営業

営業の仕事の本音!辛い?楽しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
営業の仕事の本音!辛い?楽しい? 営業の仕事をやってみたい! でも実際には営業は大変そうというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
今回は実際の営業という職種はどういったもので、新卒やインターンとしてやるには大変なのか?などの営業の「本音」の部分をご紹介します。

学生の持つ営業のイメージ



学生から見ると、営業という職種は「大変」「厳しい」といったイメージを持たれやすいのは事実です。
なぜそのようなイメージが持たれやすいのでしょうか?



まず、ノルマや売上目標があることが大変と思われがちのようです。(もちろん全ての会社がノルマや目標があるわけではないですが…)

また、営業と言われずに、入社してみると強制的に営業をやらされたといった事例もあり、入社後のミスマッチから離職するパターンも多く、そこから辛いといったイメージが広がったようです。

そして、電話営業やアポなしの訪問などが、さらに「泥臭い」イメージを植え付けたのかもしれませんね。

これらが学生が持つ「営業」のイメージの代表的なものです。

果たしてこれらのイメージは正しいものなのでしょうか?

このようなイメージを払拭してくれるインターン先がキャリアバイト内にはたくさんあります!
営業職募集のインターンはコチラ


インターンをやるなら営業が最適?



実際のところ、社員に売上目標を持たせる会社は多くあります。
しかし、インターン生に目標を持たせる会社は少なく(もちろん目標を持たせて欲しい人には持たせます)、しっかりと営業の基礎ややり方を教えてくれる会社も多いです。

営業は基礎や慣れがかなり重要です。
基礎がしっかりしていれば決して営業は辛いものではなく、むしろお客様の喜ぶ顔を直接見ることのできるやりがいのある仕事です。



また、営業は泥臭い部分が表に見えやすいためイメージが悪いかもしれませんが、自分の成果が目に見えるため、成果ややりがいはとてもあると思います。

自分の仕事がすぐに成果として形に出る分、インターンとして経験するにも最適です。

営業の仕事の根本は人と話すことです。
コミュニケーション能力や会話力、人間力がつくのが営業の良いところです。
営業を経験すると、初対面の人でもすぐに打ち解けられたり、話題がすぐに浮かぶようになります。

インターンで営業をやっていると社会人と多く話すので、会話力も身に付きます。
就職活動でも周りの友達より一歩先を行けるのではないでしょうか?


最後に



営業は直接お客様と話ができる仕事であり、責任も大きいですがその分やりがいや成長スピードも早い仕事です。
経営者の人でも学生の頃に営業をやっていたという人も実は多くいます。

将来のキャリアのためにも、ぜひキャリアバイトで営業インターンにチャレンジしてみてください!
営業職募集のインターンはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

「エンジニア」インターンで学べる4つのこと
エンジニア

「エンジニア」インターンで学べる4つのこと

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。
企業、業界、職種分析

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。

就活を有利にしたい大学院生は必見! 大学院生におススメのインターンシップ5選
まとめ

就活を有利にしたい大学院生は必見! 大学院生におススメのインター...

選考を突破しなければ何も始まらない。インターンの選考で落ちる人の特徴とは!?
インターンについて

選考を突破しなければ何も始まらない。インターンの選考で落ちる人の...

広告業界に就職したい大学生がインターンシップをするべき理由。
営業

広告業界に就職したい大学生がインターンシップをするべき理由。

インターンをする前に覚えておきたい、社会人の手帳の使い方
持ち物、アイテム

インターンをする前に覚えておきたい、社会人の手帳の使い方