キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

資格、免許

寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける! 寝る前の勉強は記憶に大きく影響を与えるという話をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。近年、さまざまなメディアや文献でも取り上げられている事柄です。

1日のうちの寝る前30分、スマートフォンやパソコン、テレビを見る時間を勉強にあてるだけで年間およそ1万分の差がつきます。まさに”ちりも積もれば山となる”。

寝る前30分勉強のメリット1~記憶に定着する~

睡眠には1日の出来事を整理整頓し、また記憶を定着させる働きがあります。「レム睡眠」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。「レム睡眠」は、脳は活性化しているのに体が眠っている状態を指します。

これに対し深い眠りを「ノンレム睡眠」といいます。人間の体は一夜のうちにこのレム睡眠とノンレム睡眠を数回繰り返します。必要な記憶とそうでない記憶の取捨選択はこのレム睡眠の時間帯に行われ、睡眠の直前に行われた勉強はより鮮明な記憶として、脳内にファイリングすることができるのです。
 

 寝る前30分勉強のメリット2~一夜漬けは長期的に意味がない~

一昔前までは、一番特効がある勉強法は「一夜漬け」だと世に広く認知されていました。しかしこれは、長期的に見ると極めて非効率な勉強方法であるといえます。先に述べたとおり、睡眠には記憶を整理するパワーがあります。

睡眠によって脳内で整理された情報は、必要とする状況において的確に引き出すことができます。しかし一夜漬けによって無理やり詰め込まれた情報は、脳内に散らかった状態です。くわえて睡眠不足により思考が低下しますので、その情報が必要な状況において思い出したくても思い出せない、「どこにしまったかわからない」事態に陥ってしまいます。

このように、一夜漬けによって詰め込まれた情報はそう長く記憶にのこりません。その日限りのテストで点を取ることができても、自分の知識にはならないのです。長いスパンで考えると、一夜漬けの苦労は後々非常に無駄なものとなってしまいます。
 

寝る前30分勉強のメリット3~暗記は一生必要となるもの~

暗記といえばその日その瞬間、必要とされる試験のためだけに頭に叩き込むものだというニュアンスが強く感じられます。しかし、これを寝る前の30分間で長期的に勉強することによって、インスタントの記憶でない、自らの教養にすることができるのです。

また、このような暗記グセを身につけることによって、数字から英語、文章まで「覚えたい」と思ったことを自在に記憶する力が徐々に身につきます。
 

最後に

これらはすぐに効果がでるものではありませんので、初めのうちは継続するのに少々苦労するかもしれません。

しかしこの習慣が体に馴染んできたころ、ふとしたときに周囲と大きく差がついていることに気付くのではないでしょうか。志望校に合格する、あるいは第一志望の会社に就職するその瞬間のためだけでなく、一生涯のキャリアに影響する習慣です。今晩からでも始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におススメの1冊
書籍、本

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におス...

自分のやりたいことが分からない?就活が不安なアナタに贈る本3選!
書籍、本

自分のやりたいことが分からない?就活が不安なアナタに贈る本3選!

15卒の就活生が4月までに読むべき、面接対策のおすすめ記事7選
就職活動

15卒の就活生が4月までに読むべき、面接対策のおすすめ記事7選

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ
ライフハック

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ

就活生におすすめのスマホアプリをご紹介!
アプリ、サービス

就活生におすすめのスマホアプリをご紹介!

先輩から学ぼう!大学生が卒業後に選ぶ進路はどこが多いのか?
就職活動

先輩から学ぼう!大学生が卒業後に選ぶ進路はどこが多いのか?