キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

冬休みインターン/ウィンターインターンのススメ! 【2014年冬版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬休みインターン/ウィンターインターンのススメ! 【2014年冬版】 16年度卒の就職活動解禁が12月から3月に繰り下げられたことで、従来は春・夏に行われていたインターンを冬季にも実施する企業が増えてきました。

今ではサマーインターンの方が一般的ですが、今後導入する企業も増えてきてさらに一般的になることが予想されます。

結論からいうと、冬休みのインターンは確実に言った方が良いです

ここでは冬休みを中心とした冬季インターンのメリット・デメリット、活用方法などをご紹介させていただきます。
 
1.サマーインターンとの違い
2.冬休みインターンのメリット
3.冬休みインターンのデメリット
まとめ

サマーインターンとの違い

夏休みと冬休みに行われるインターンではどんな違いがあるのでしょうか。
内容の違い
参加層の違い

内容の違い

冬季に実施されるインターンと、夏休みに実施されるインターンでは内容自体にそこまで大差がないことが多いです。
その理由は企業が1-5日程度のインターンシップを開催する目的にあります。その目的は大きく分けて2つあります。就活時期が後ろ倒しになったことにより学生との接点を確保したい。もう1つは学生にその企業のことを広く知ってもらいたい、ということです。その目的はサマーインターンもウィンターインターンも変わらないため内容も変わらないことが多いです。

参加層の違い


参加層は夏に比べると、より就活への考えが具体的になり参加する意欲が高い人が多いでしょう。
それによってインターン自体の中身は変わらないが、より緊迫感のある環境でのデモンストレーションになることが多いようです。

つまり冬休みインターンは実施日がより本選考の時期に近くなることで、夏に実施されるインターンよりもさらに「1次選考」といったニュアンスが色濃くなるでしょう。あくまで、それは内容の違いによるというよりは参加者のスタンスの違いによるところが多いようです。

冬休みインターンのメリット

1415933689-mhE3rhrEtB
冬休みにインターンを行うメリットやデメリットはどこにあるのでしょうか。
1.モチベーションが高くなる
2.行きたい企業の日程が被りにくい

モチベーションが高くなる

夏場は短期留学やボランティア活動を優先する人が多かったり、「正直、就職活動はまだ先のこと」、「なんとなく周りに取り残されないためにもインターンに参加しよう」という就活生が多いのも事実。
ですが、就職が現実味を帯びてくる冬休みのシーズンにインターンをする人には志望の業界が固まっていたり、自分の将来像を明確に語れる人が現れてきます。それに焦りを感じる必要はありませんが、いい刺激として受け取って、友達になって情報交換ができれば今後の就職活動の大きなモチベーションに繋がります。

行きたい企業の日程が被りにくい


冬休みインターンの利点はなんといっても期間が長く取れることです。

夏のインターンは基本的に8月~9月のみですが、冬のインターンであれば10月から最大2月末まで期間を設けることができます。これにより、企業側のインターン日程にも幅が生まれますので、「行きたい企業が重なってしまって、片方を犠牲にしないといけない」といった事態を免れることができます。

冬休みインターンのデメリット


冬休みのインターンにおけるデメリットは大学との両立が大変、ということに尽きるでしょう。
大学3年の後半にもなると、ゼミや研究室、卒論の準備など忙しくなりがちな時期でもあります。

ですが、逆に考えると、それを理由にして参加しない学生が多い。人気の企業であってもしっかりと準備をしたら単純な倍率は下がるところもあります。また、参加した後は志望度が高い人が集まっているので前述の通りいい刺激を与え合うことができるでしょう。

今から学校での根回しも必要!笑

「行きたくて行きたくて仕方がないのに、授業があるから参加できない…!」なんてジレンマに陥っている学生は必ずどこにでもいるでしょう。
自分の大学では授業のある時期にインターンが開催されれば、他大学のライバルが優位になってしまいます。困ります。

これまでまじめに授業を受けてきた方であれば調整は効くかもしれませんが、単位がたくさん残っていたり、教授にあまり信頼されていない状況である場合、身動きが取れなくなりそうです。

そこで必要なのは今から教授との落としどころを作ることです。「どうしてもこの企業だけは第一志望なので行きたいんです。その対策も最近はしてるんですよ~」「ちょっとこの時期だけは少し休みがちになっちゃうかもしれませんが、その分は今のうちの課題頑張りますし、そのあと挽回します」などインターンに行って休む代わりに何かをするという話し合いが必要でしょう。

ちなみにすでに最低出席日数が足りない場合はどうしようもないです。土下座くらいしか手段が思いつかないですね。

まとめ

1415933687-FDi72mXiR9
長くなりましたが、冬休みのインターンシップには、絶対に行くべきです。
そのための時間は自分で作る、という態度が必要でしょう。

今回は冬休みのインターンシップということで、大学3年生向けの短期インターンシップに絞ってお話ししましたが、キャリアバイトではいつでも通年で長期のインターンシップを募集しています。
短期インターンはその企業を知ることには役立ちますが、それで何かスキルが身に付くことはありません。
「スキルを身に付けたい」、「実際に働く経験をしたい」という方はいつでも優良の有給インターンを集めていますので、是非探してみてくださいね♪
キャリアバイトでインターンを探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!
まとめ

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ
自己紹介

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ

港区でできる広告業界のインターンシップ5選
その他

港区でできる広告業界のインターンシップ5選

決め手は第一印象!インターンに適切な髪型は?【女性編】
服装、髪型

決め手は第一印象!インターンに適切な髪型は?【女性編】

「エンジニア」インターンで学べる4つのこと
エンジニア

「エンジニア」インターンで学べる4つのこと

参考になる! 有名企業に参加したインターンの感想記事まとめ
まとめ

参考になる! 有名企業に参加したインターンの感想記事まとめ