キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

ライフハック

「人・本・旅から学ぶ」  ライフネット生命CEO出口治明氏が語る、社会に貢献できる人材になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「人・本・旅から学ぶ」  ライフネット生命CEO出口治明氏が語る、社会に貢献できる人材になる方法 10月29日、経産省主催のインターンシップ普及促進シンポジウム、『インターンシップで企業は成長する』が行われました。

そこで、ライフネット生命保険株式会社社長の出口治明氏が語った内容から『社会に貢献できる人材になるためのヒント』をご紹介します。

その前に、出口 治明氏とは?

1414595760-dUaCvv8CXn
出口治明氏は、ライフネット生命保険株式会社の代表取締役会長兼CEOです。

ライフネット生命はインターネットで申し込む保険です。従来の生命保険会社では、人件費や店舗費がかかってしまっていました。そこをウェブサイトを店にすることでコストを削減に成功し、その結果、保険料もおさえることができ、全く新しい保険の形として注目を集めています。

ライフネット生命は皆さんご存知かと思いますが、出口氏が50代後半で創業した会社です。設立は当時30代前半だった岩瀬大輔氏(現代表取締役社長兼COO)と行い、既存の大手企業とは異なる強みを持つ生命保険会社として話題になりました。

日本を良くするには"良い仕事"をしなてはならない

出口:日本は近年、確実に貧しくなっています。マクロな視点で日本を見た時に、名目GDP(国内総生産)は世界第3位で、ストックでは豊かな国ですが、国際競争力ランキングでは21位と、フローではかなり下位に位置しているからです。

ストックで3番であればフローでも同程度の順位でないと、今の豊かさはキープできないですよね。つまり、放っておいたら今後貧しくなっていくということです。

”良い仕事”=人と違うことをする

出口:では、日本を良くしていくためにはどうしたらいいのか。

私は"良い仕事・競争力・生産性”が必要であると考えています。”良い仕事”とは何かというと、人とは違うことをすることです。それは、自分の頭で、自分の仕事を見直し、何をやったらおもしろいビジネスが出来るか考えるということです。何も考えないで、人のまねをして良い仕事が出来るわけがありません。

今までの経験の掛け合わせが大切

出口:そのような考えがは、今までの経験の掛け合わせから生まれてきます。 良い例に、会社の近くにいつも行列のラーメン屋さんがあります。このお店は女性にも人気があるラーメン屋にしては珍しいお店です。人参のピュレとムール貝のだしを組み合わせた「ベジそば」というメニューは、女性に人気のメニューです。

なぜ人気店になりえたのか店主に理由を聞いてみると、開業前にラーメン屋を食べ歩いた時のひらめきがきっかけだと言います。それは、「ラーメン屋は男性客ばかりで女性客が少ない。世の中には女性が半分いるのだから、女性も入りやすいお店を作れば売り上げが倍になるのでは。」というものでした。これがきっかけで、「ベジそば」が生まれ、現在ではお店は3店舗にまで拡大しています。

人に会う、本を読む、旅をする

出口:「ベジそば」の例は、このラーメン屋の店主にしか起こせなかったイノベーションです。なぜなら、どこにでもある人参のピュレとムール貝を組み合わせ人気のラーメンを作ることが出来たのは、彼が食べることが趣味でムール貝を沢山食べていたという、これまでの経験に由来するからです。つまり、ムール貝を食べたことがある人ではないとこのアイディアは生まれないということです。

良い仕事をするためには様々なことを知っていることが必要です。そしてそれは、「人・本・旅」でしか知ることは出来ないと考えています。 こんなことを言うとネットの会社をやっているのにと思われそうですが、YouTubeは「人」、Wikipediaは「本」と考えて良いと思います。

「人・本・旅」を通して学んだことが、良い仕事に繋がっていく

出口:例えば以前、会社で日本語の話せない外国人をインターンとして受け入れました。その子が帰った後、社員が英語を勉強したいと言いだしたのです。これがきっかけで、英語を勉強したい社員を補助する制度が産まれたんですね。英語しか話せない人が社内に入ったことで、英語が話せたら楽しいということに気付いたのです。

これは、ダイバーシティであると言えます。良い仕事をするためには、様々なことを知ること、つまり学ぶことが大事ですが、一人で学ぶのは大変です。だから色んな人と混ざり合うことで刺激をうけて教えてもらうのです。色んな人と関わるという意味で、ダイバーシティは重要だと思います。

出口氏おすすめの書籍

講演では出口氏おすすめの書籍の紹介もありました。

<現代の金融・経済・社会を知るために>

1、「デフレーション」 吉川 洋 1414638823-pfBHTwXNC9
2、「死を弔うということ」 サラ・マレー 1414639032-gSXT514wZk
3、「自分のアタマで考えよう」 ちきりん 1414639124-RY8c4aboAp

4、「連続講義・デフレと経済政策」 池尾 和人
5 、「デフレの正体」 藻谷 浩介
6、「社会心理学講義」 小坂井 敏晶
7、「生物学的文明論」 本川 達雄
8、「厚生労働白書(平成24年版)」 厚生労働省

<わたしたちの成り立ちを知るために>

9、「宇宙論と神」 池内 了

<わたしたちが動物であることを知るために>

10、「単純な脳、複雑な『私』」 池谷 裕二

<わたしたちの住む国を知るために>

11、「昭和史」 半藤 一利 12、「クアトロ・ラガッツィ」 若桑 みどり

終わりに

おすすめの本も沢山紹介してくれたので、まずはここから1冊読んでみるのもありだと思います。
また、YouTubeやWikipediaなどwebで学ぶこともすぐに始められそうですね。
この記事が、社会に貢献できる人材になるためのヒントに少しでもなれば幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

2013年にネットで話題になった「キャリア」に関する記事8選
オススメ

2013年にネットで話題になった「キャリア」に関する記事8選

モチベーションを維持!やる気を出す脳内物質「ドーパミン」をコントロールする3つの方法
ライフハック

モチベーションを維持!やる気を出す脳内物質「ドーパミン」をコント...

お金がなくてもデートしたい!大学生がGWに行くべき、東京都内の安くて楽しいおすすめデートスポット7選!
恋愛

お金がなくてもデートしたい!大学生がGWに行くべき、東京都内の安く...

住みたい街NO.1!吉祥寺のおすすめ雑貨屋まとめ
オススメ

住みたい街NO.1!吉祥寺のおすすめ雑貨屋まとめ

就活生におすすめ!成功しているビジネスマンが実践しているスケジュール管理方法
就職活動

就活生におすすめ!成功しているビジネスマンが実践しているスケジュ...

褒め上手になって人間関係をスムーズに!上手く褒める方法。
ライフハック

褒め上手になって人間関係をスムーズに!上手く褒める方法。