会員登録へ
応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
就職活動 就活メイクを徹底解説!好印象を与えるメイクとは?
August. 18 2021 7:00 AM
VIEW
  • hatebu
  • line

就活メイクを徹底解説!好印象を与えるメイクとは?

就活に適した“就活メイク”についてご紹介!

女性は普段、メイクをしている方もたくさんいると思いますが、就活の際のメイクはいつもと同じでいいのでしょうか?面接の時に面接官に、少しでも「この子いいな」と好印象を与えられるように、メイクもこだわりたいものですよね。今回は就活に適した“就活メイク”についてご紹介します。

就活用のメイクってあるの?

就活というとスーツできっちりとした、清潔感のある格好で励むイメージですよね。では、メイクも就活用に変えるべきなのでしょうか。

好印象を与える“就活メイク”って?

就活メイクは自分の良さ・キレイさを見せるためのものにするべきです。なので、清潔感のある、印象を明るく見せられるようなメイクにするのが良いでしょう。また、メイクは薄すぎたり、濃すぎたりしないビジネスシーンに合う落ち着いたものにするのが一番良いでしょう。

ノーメイクはNG

いくら落ち着いたメイクをするべき就活でも、最低限のマナーとして、ノーメイクは避けるべ
きです。ノーメイクだと、やる気のない人に見られてしまったり、マナーがなってない人だと思われてしまうこともあるようです。身だしなみとして自分をキレイに見せることができる就活メイクをするようにしましょう。

就活メイク、どこまでやる?

就活メイクは濃すぎず、薄すぎずのナチュラルメイクを重視しますが、どこまでのメイクをすればいいのでしょうか。ベースメイクを施し、アイブローや目元、頬そして口元まで清潔感を意識しながらメイクをしていきます。

就活メイクのやり方

就活の際は、ビジネスシーンに適したメイクにしなければいけないことを説明してきましたが、実際、どのようなメイクをしていけば良いのでしょうか。部分ごとのメイクについて詳しく紹介していきます。

就活のベースメイク

就活の際のベースメイクは厚塗りをせず、自然な肌色になるようにしましょう。まず、化粧下地やファンデーションは、自分の肌色に合った色を選ぶようにします。塗るときは、ムラができないように顔全体に伸ばしていくことを心がけましょう。また、コンシーラーでクマやニキビで隠します。つけすぎると逆に目立ってしまうこともあるので注意が必要です。

就活の眉メイク

就活中は前髪を横分けにするような、顔がよく見える髪型をするため、眉毛が目立つこともあるでしょう。眉毛もメイクで注目すべきポイントの1つです。眉毛を描くときの色はブラウンやダークブラウン、ブラックを選ぶようにします。また髪色に合わせた色のような、自然に見えるものを選ぶようにしましょう。眉メイクをするときは、アイブローブラシで毛流れを整えることから始めます。眉山を決めてからアイブロウペンシルやアイブロウパウダーで、眉山から眉尻に向けて自然な山形になるように眉を描いていきます。また最後に眉頭を描くときは、少しぼかすようにして、眉山との間を繋げるようにしましょう。そうしないと、バランスが悪い眉メイクになってしまいます。

就活の目元メイク

就活メイクにおいて、派手な目元はNGです。アイラインを太く引いてしまったり、パールやラメのような華やかなアイシャドウを使うのは、就活メイクに適しているとは言えません。目元はまず、アイシャドウを塗っていきます。アイシャドウは、肌馴染みの良いブラウンやベージュ系のアイシャドウを使い、自然なグラデーションを作るように心がけましょう。アイラインは、目尻を跳ね上げたり、太すぎることがないように自然に描き、アイシャドウでぼかすようにすると良いです。まつ毛は、つけまつげやまつ毛エクステは避け、ビューラーであげてマスカラを少なめにつけるようにしましょう。

就活の頬メイク

就活メイクは、普段と同じようにチークはつけても良いのでしょうか。チークは、血色をよく見せたり、明るい印象に見せるためのものなのです。なので、絶対チークをつけなければいけないわけではありません。チークの色は、ピンク系やオレンジ系が日本人あった肌馴染みの良い色なので良いでしょう。メイクの仕方は、笑った時に頬が一番高くなる位置にふわっとチークをつけるようにしましょう。普段通りにチークをまん丸につけたり、濃くつけすぎたりしてしまうのはNGです。

就活のリップメイク

口紅は肌の色に合った血色がよく見えるものを選びます。ベージュ系のピンクやオレンジなどの落ち着いた色が良いでしょう。口紅を塗るときは上唇、下唇とカーブに沿って丁寧に塗っていきます。唇からはみ出して塗らないように注意してください。ゴテゴテしたグロスやラメなどが入った派手な口紅は、ビジネスシーンに適していないのでNGです。

最後に

いかがでしたでしょうか。就活メイクは普段通りのメイクではなく、ビジネスシーンにあった落ち着いた印象のメイクにするべきなのがわかりました。普段と違う就活用のメイクは、慣れない方も多いと思います。就活メイクをあらかじめ練習しておいて、就活本番に自分の良さを存分に発揮できるようなメイクで挑めるようにしてください。

この記事を読んだ人におすすめ