会員登録へ
応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
就職活動 【2021年版】夏休み中は、サマーインターンシップに参加しよう!
August. 18 2021 7:00 AM
VIEW
  • hatebu
  • line

【2021年版】夏休み中は、サマーインターンシップに参加しよう!

夏休み中に、就職活動の第一歩を始めよう

大学生の皆さんは、企業や仕事について学ぶためにインターンシップに参加しようと考えているのではないでしょうか。なかには、夏休みの間にインターンシップに参加しようと思っている方もいるでしょう。この記事では、夏休み期間のインターンシップである「サマーインターンシップ」について説明していきます。

サマーインターンシップってなに?

サマーインターンシップとは、大学の夏休み期間中に企業が開催するインターンシップのことです。

サマーインターンシップは何のために参加するの?

サマーインターンシップは、学生にとって企業のことを学べるチャンスです。また、仕事について学ぶことで自分を成長させたり、企業で働く社員との人脈ができたりもします。企業の中には、就職活動で有利になったりする場合もあるようです。サマーインターンシップへの参加は、就職活動に向けて重要なイベントになってきそうです。

サマーインターンシップをなぜ企業は開催してくれるの?

企業がサマーインターンシップを開催するのは、いくつかの目的があります。まずは、自社のことを知ってもらうため。自社の事業内容や仕事内容を理解してもらうことで、「この企業に就職したい!」と思ってくれる学生を増やすことができるからです。

 

また、優秀な学生を早い段階から見つけ、自社に就職してもらう目的や、入社前に自社の仕事内容や価値観、風土を知ってもらうことでミスマッチを防ぐ目的もあるようです。サマーインターンシップは、学生にとってだけでなく、企業にとってもプラスになることが多いんですね。

サマーインターンシップの期間ってどのくらい?

サマーインターンシップには、1日で終わるものもあれば、3日~1週間程度のもの、またはそれ以上の長期のものなど、様々なものがあります。自分が行きたい会社や都合の良い日時に合わせて参加するインターンシップを選べるのです。自分が興味のある企業のインターンシップ、ライフスタイルに合ったインターンシップを選ぶのがいいと思いますよ。

サマーインターンシップってどんなことをするの?

サマーインターンシップは、就職活動を始める前の学生にとって、とても参考になり、重要なものであるとわかりました。では、サマーインターンシップではどんなことをするのでしょうか?ここから説明していきましょう。

サマーインターンシップの内容にも種類がある!

サマーインターンシップは期間も様々ですが、実施内容にもいくつかの種類があります。

 

1つ目は、会社説明会やセミナーをするサマーインターンシップです。1日程度の短期間で終わるものが多いです。2つ目は、プロジェクトやワークショップに参加するタイプのインターンシップです。企業からの課題に、学生同士でチームを組んで解決に取り組み、最終日にプレゼンテーションを行うようなイベントで、数日~1週間程度のものが多くなっています。

 

そして3つ目は、1ヶ月以上の期間で行う実践型のサマーインターンシップです。企業の一員として働き、実際の業務を経験することになります。実践型のインターンシップを実施する企業はベンチャー企業やスタートアップ企業が多いようです。実際の業務を経験する場合は、給与をもらえるインターンシップもあります。インターンシップで学びを得ながら給料を得られるのはお得ですよね。

どの種類のサマーインターンシップに参加すべき?

サマーインターンシップには、様々な期間や種類があることが分かりました。では、どのサマーインターンシップに参加すれば良いのでしょうか?興味のある業界や企業が決まっている方、夏休みにまとまった時間がある方は、実践型のインターンシップ、プロジェクトやワークショップに参加するインターンシップに参加するのが良いでしょう。期間が長いほど、その企業について深く知ることができるからです。

 

一方で、興味のある業界や企業が決まっていない方、夏休みは忙しいという方は、短期間で終わる会社説明会を行うサマーインターンシップに参加し、いろいろな会社を見てみるのが良いかもしれません。様々な業界や企業について触れていくことで、興味のある分野がクリアになることも多いからです。

サマーインターンシップに参加するためには

いろいろな期間や種類があるサマーインターンシップですが、参加するにはどうすればいいでしょうか?

サマーインターンシップには選考がある

サマーインターンシップは、応募すれば全員が参加できるわけではなく、選考がある場合もあります。まずは、エントリーシートを提出するところからスタート。5月後半~6月にかけてエントリー期間を設けている企業が多いようです。エントリーシートには自己PRや志望動機などを記載します。書類選考通過後は、Webテストやグループディスカッション、面接などが行われます。応募者が多く集まる人気企業・大手企業などのサマーインターンシップは事前準備や対策も重要です。

まずはサマーインターンシップの情報収集から始めよう

サマーインターンシップは、5月後半~6月にかけて情報解禁する企業がほとんどです。早いうちからサマーインターンシップの情報収集をスタートし、気になる業界、行きたい企業のサマーインターンシップにエントリーしてみてください。

有給で実践型のサマーインターンシップが見つかるキャリアバイトはこちら

最後に

サマーインターンシップは、就職活動を始める学生にとってメリットが多いと分かったと思いま。いろいろな業界・企業がありますので、ぜひサマーインターンシップに参加し、自分が将来どうなっていきたいのか、どんな企業で働きたいのかを考える良い機会にしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ