会員登録へ
応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
長期インターンシップ 長期インターン、今から始めるのって遅すぎますか?
June. 30 2022 7:00 AM
VIEW
  • hatebu
  • line

長期インターン、今から始めるのって遅すぎますか?

Twitter質問箱シリーズ

『キャリアバイト』の公式Twitterアカウントは、現役インターン生が「中の人」として運営しています。このアカウントでは「質問箱」も設置し、長期インターンや就活などに関して寄せられるさまざまな質問に対し、中の人が回答しています。

 

これらの中でも「よくある質問」をピックアップし、何回かに分けてご紹介していこうというのが「Twitter質問箱」シリーズです。今回は、その第1弾。「長期インターン、今から始めるのって遅すぎますか?」という質問にお答えしていきます!

 

>>>『キャリアバイト』公式Twitterはコチラ!!!
※質問もお待ちしています!

「今」の時期によって質問への回答が変わってくる

――編集部
「Twitter質問箱」シリーズ第1弾は、最もよくある質問からご紹介していきます。

 

――中の人
最もよくある質問は、「長期インターンを今から始めるのは遅すぎますか?」というものです。圧倒的に多いのですが、この質問は答えるのが難しいんですよ。

 

――編集部
回答が難しい…それはなぜでしょう?

 

――中の人
例えば大学3年生でも、「今」の時期によって質問への回答が変わってくるからです。3年生になる直前の春休みなどは比較的余裕がありますし、私が長期インターンを始めたのはその時期でした。だから「問題ない」と答えると思います。

 

――編集部
確かにそうですね。

 

――中の人
しかし、3年生の6月・7月になると、大学の授業やレポートに加え、サマーインターンへのエントリーなど就活に関することも徐々に増えてきます。そういった時期に長期インターンを始めようというのは、かなり覚悟がいることになるでしょう。ですので、質問にも「遅すぎではないけど大変ですよ」と回答しているんですよ。

 

――編集部
そう考えると、大学1年生・2年生のうちに始めておけば、大学のゼミや就活が始まっても安心できそうですね。逆に、大学4年生から始めるのは遅すぎですか?

 

――中の人

全くそんなことはありません。ただ、3年生のときと同様、就活と並行して進める場合はなかなか大変だと思います。一方で、「大学を卒業するまでに社会人経験を積んでおきたい」と、就活後に長期インターンを始める大学4年生も増えています。就活も終わっていて、さらに大学の単位もほぼ取得していれば、初めての長期インターンでも遅すぎることはないでしょう。時間に余裕もあって安心して始められると思います。

最初は、まとまった時間が取れるほうがいい

――編集部

ここまでのお話から、「長期インターンを始めるタイミングに遅すぎることはない」と感じました。ただ、学生のみなさん一人ひとりが置かれている「今」の状況を考えて、長期インターンに挑戦すべきかどうかを考えるのがよさそうですね。

 

――中の人

その通りですね。授業やゼミだけでなく、部活やサークル、学生団体、アルバイト…など大学生はいろいろな活動をしていると思うので、「今、新しいことを始めても問題ないか?」と考えてからチャレンジすべきかを決めるのが良いと思います。

 

――編集部

他に気をつけたほうがいいことはありますか?

 

――中の人

自分自身の経験談になるのですが、最初はまとまった時間が取れるほうがいいですね。

 

――編集部

それはなぜでしょう?

 

――中の人

「インターン先の会社を理解する」「社内ルールを理解する」「仕事内容を覚える」「一緒に働く人の顔と名前を覚える」など、最初は覚えることが膨大にあります。だからこそ、最初はまとまった時間を取れたほうが覚えるのも速くなりますし、活躍できるようになるまでの時間を短縮できると思うんですよ。

 

――編集部

これは、長期インターンに限らず言えることかもしれませんね。

今やっていることを、やりきるのもオススメ

――中の人

長期インターンを広めていく『キャリアバイト』の一員としては、より多くの学生が長期インターンに参加し、貴重な経験を積んでほしいという気持ちを持っています。

 

――編集部

そうですね。私も同感です。

 

――中の人

ただ、すべての学生に長期インターンをオススメするかと言ったら…。

 

――編集部

そうじゃないケースもあるということですよね。

 

――中の人

はい。長期インターンを始めても、自分に合わないリスクもあります。そこで時間とリスクを投資して新しいガクチカをつくろうとするより、今やっていることをしっかりやりきったほうが、就活のガクチカとしては役立つと思うんですよ。

 

――編集部

何を経験したのかが重要というよりも、その経験を通じて何を学んだのかや、壁にぶつかったときにどう乗り越えたか、といったことがより大切になってくると。

 

――中の人

はい。「今」の状況を整理したうえで何をするかを決めてほしいです。やりきる覚悟が決まっていたら、長期インターンを始めるのに遅すぎることはないですよ。

最後に

いかがだったでしょうか。長期インターンを始めるタイミングに遅すぎることはありませんが、始めるからには最初にまとまった時間が取れること、大学の授業や就活と並行しながらでもやりきる覚悟を持っておくことが重要だと感じました。この記事が参考になり、みなさんがより良い学生生活を送れるようになることを祈っています。

この記事を読んだ人におすすめ