会員登録へ
応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
長期インターンシップ 新年度から挑戦!新2・3年生にオススメの長期インターン
March. 16 2022 7:00 AM
VIEW
  • hatebu
  • line

新年度から挑戦!新2・3年生にオススメの長期インターン

24卒・25卒の学生さん必見!

2022年3月も半ばを過ぎ、新年度に向けていろいろ準備を始めている方も多いのではないでしょうか。なかには、「新しいアルバイトを始めよう」「何か新しいことに挑戦したい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。そんな方には「長期インターン」がオススメです!

 

この記事では、「そもそも長期インターンはどういうものか?」「アルバイトの代わりに長期インターンに挑戦するのがオススメな理由」「就活前に長期インターンを経験しておくことのメリット」などを解説しています。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

長期インターンって、どういうものなの?

まずは、「そもそも長期インターンはどういうものか?」という点から解説していきましょう。長期インターンとは、「3ヶ月以上にわたり企業で就業し、社員と同等の業務を経験するもの」と説明できます。その特徴は以下のようにまとめられます。

 

■参加対象者/大学1年生~
■実施期間/通年(1年中いつでも参加可能)
■勤務期間/3ヶ月間以上
■業務内容/社員と同等の業務
■給与/時給・日給、または成功報酬

1dayインターンや短期インターンが企業の説明会や体験会の位置づけであるのに対し、長期インターンは企業の戦力として迎えられます。また、社員と同等の業務を任せてもらえることから、仕事の成果に対して給与や報酬をもらえるのはもちろん、仕事を通じてスキルや知識を身につけられることも大きなメリットと言えます。

 

欧米では約半数の学生が経験するなど長期インターンへの参加がスタンダードとなっていますが、日本では長期インターンを経験している学生の数はまだまだ多くありません。しかしここ2~3年、コロナ禍でアルバイトや部活、サークルなどが思うようにできない中、長期インターンに挑戦する学生は増加傾向にあります。

アルバイトより長期インターンがオススメな理由

長期インターンに興味を持っているものの、「アルバイトと長期インターンならどっちがいいの?」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そこでこの項目では、アルバイトより長期インターンをオススメする3つの理由について説明していきます。

専門知識やスキルが身につくから

長期インターンをオススメする1つ目の理由は、専門知識やスキルを身につけられるからです。例えば営業のインターンなら、その企業が属している業界の専門知識やプレゼンスキル、論理的表現スキルなどが身につくでしょう。マーケティングのインターンなら、マーケティングに関する専門用語や実務スキルを学べるはずです。職種によっても多少異なりますが、それぞれの分野でより実践的なスキルを身につけられます。

 

もちろん、アルバイトでも一定のスキルを身につけられます。例えば飲食店のホールスタッフならコミュニケーション力、正しい言葉づかい、接客マナーなどを学べますが、長期インターンではそれ以上に専門知識やスキルを習得できる可能性があるのです。

裁量や責任のある仕事を任せてもらえるから

長期インターンをオススメする2つ目の理由は、裁量や責任のある仕事を任せてもらえるからです。例は同じですが営業のインターンの場合、お客様との商談をインターン生が実施しているケースもあります。マーケティングのインターンなら、インターン生がTwitterやInstagramなどのSNS運用を任されているというケースも。このようにインターン生が裁量や責任のある仕事を任されることも少なくありません。

 

アルバイトの場合、接客やレジの担当、商品の陳列、掃除など比較的マニュアルに沿って取り組む業務も多いです。もちろん企業や職種によって異なる部分はありますが、長期インターンはより難易度の高い業務にチャレンジできるでしょう。

採用内定に直結することがあるから

長期インターンをオススメする3つ目の理由は、インターンがそのまま内定に直結することがあるからです。現在アルバイトをしていて、そのままバイト先に就職するという方は多くないかと思います。しかし長期インターンでは、企業とインターン生の双方に合意があればそのまま内定につながることもあるのです。

 

アルバイトのように給与を得ながら、専門知識やスキルを習得しつつ、さらには就職活動も進められる。こうした点は大きなメリットではないでしょうか。ただし、内定に直結するかどうかは企業により異なるので注意が必要です。

 

こうした特徴に魅力を感じ、例えば「午前中や昼間に長期インターン、平日夜や土日にアルバイトをする」など、長期インターンとアルバイトを両立している学生さんもいます。大学の単位が順調に取得できている方などは、ぜひ検討してみてください。 

就活が本格化する前にチャレンジするのがオススメ!

ここまで読んできて、長期インターンに興味を持った新2・3年生(24卒・25卒)の方もいらっしゃると思います。そんな方はぜひ、新年度の早い段階から長期インターンにチャレンジしてみるといいでしょう。

 

長期インターン求人サイト『キャリアバイト』で探す場合は、「すべての検索条件から探す」→「求人の特徴」とクリックし、<1・2年生歓迎>にチェックを入れて探してみてください。求人情報には「○年生歓迎」といった表記もありますのでぜひチェックしてもらえたら嬉しいです。特に新3年生の場合、夏頃からはサマーインターンなどが始まりますから、余裕のあるタイミングでスタートをきっておくといいでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか?新年度から新しいスタートをきろうというみなさんに、長期インターンを早くから始めるのがオススメな理由を解説してきました。この記事を読んで興味を持った方は、ぜひ求人情報をチェックしてみてくださいね。気になる求人が見つかった場合は、ぜひ「いいね!」を押しておいてください!

この記事を読んだ人におすすめ