会員登録へ
応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
長期インターンシップ メリットいろいろ!内定直結型の長期インターンシップとは
October. 13 2021 7:00 AM
VIEW
  • hatebu
  • line

メリットいろいろ!内定直結型の長期インターンシップとは

新しい就活のカタチを解説!

「内定直結型の長期インターンシップ」をご存知でしょうか。

 

これは長期インターンシップを通じて、学生側と企業側の双方が「今後も一緒に働きたい」と思ったらそのまま内定となり、卒業後に新卒社員として入社できるというものです。「企業で実際に働いてみることでミスマッチを減らせる」などさまざまなメリットがあり、新しい就活のカタチとして注目されています。この記事では、そんな「内定直結型の長期インターンシップ」について詳しく解説しています。

内定直結型の長期インターンに参加するメリット

一番の魅力は、企業のことを深く知ってから就職を決められるということです。

 

就活でよくある会社説明会や短期インターンシップでは、企業のことを深く理解することは難しいですよね。しかし長期インターンシップでは3ヶ月以上にわたり企業の社員と一緒に働くため、以下のようなメリットがあります。

 

  • 事業内容や入社後に任される仕事内容を深く理解できる
     
  • 職場の雰囲気や人間関係が自分に合いそうかが判断できる
     
  • 企業理念やミッション、ビジョンに共感できるかを見きわめられる

 

上記に加えて、社員と同様に実際の業務を任されることで経験やスキルを身につけられるので、新卒1年目からバリバリ活躍できる可能性も高まるでしょう。行きたい業界、やりたい職種がある程度決まっている方にとっては、内定直結型の長期インターンシップはよりメリットが大きくなると言えます。

内定直結型の長期インターンで気をつけたいポイント

長期インターンシップに時間がとられ、就活に時間が割けなくなるということです。長期インターンシップに参加した場合、その企業について深く理解できますが、他の企業説明会や短期インターンシップ、就活イベントに参加できる機会は少なくなります。

 

就活の時間は、単に就職先を決めるだけでなく、さまざまな業界や企業、仕事に触れ、世の中のことを深く知るチャンス。多様な価値観や考え方を知り、自信の視野が広がり、これからの人生で大切にしたい価値観や考え方を知っていくための時間でもあります。学生時代ならではの時間ですから、しっかり活用したいものですよね。

 

一方で、長期インターンに参加している企業で活躍するためには、ある程度長い時間働いて経験を積み、スキルや知識を身につけていくことが必要です。こうした理由から時間の使い方には注意しなければなりません。

他の企業の選考を受けても問題はないの?

「内定直結型の長期インターンシップに参加した場合、他の企業の選考を受けても問題はないの?」と不安に感じている方もいるかもしれませんね。その点についてはご安心ください。内定直結型の長期インターンシップに参加している際に、他の企業の会社説明会や選考に参加することは問題ありません。

 

ここまでにも説明してきたように、就活はさまざまな業界や企業、職種に触れ、社会のことを深く理解することが大事になってきます。うまく時間管理をしながら、いろいろと情報収集をすると良いでしょう。これらを踏まえると、内定直結型の長期インターンシップに参加する場合は、行きたい業界ややりたい職種がある程度決まってきた段階で参加するとより効果的なものにできると言えます。

関連求人

ダイレクト出版株式会社

八紘テクノ株式会社

税理士法人りんく

税理士法人オーケーパートナー

Dawn株式会社

最後に

いかがでしょうか?「長期インターンシップに参加してから、その企業に就職するかどうかを決める」という進め方ですが、実は海外では当たり前のものだったりします。また通年採用やジョブ型雇用などが広まる中で、「内定直結型の長期インターンシップ」も今後広まっていく可能性があります。実際に参加することでいろいろなメリットを得られますので、ぜひ選択肢のひとつとして検討してみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ